« 明けましておめでとう御座います。 | トップページ | TV東京世界大工王決定戦の建物撮影。 »

2009年1月 5日 (月)

世界遺産 日光東照宮へ初詣

今日、時間が出来たので世界遺産・日光東照宮へ初詣に行きました。

毎年行っているのですが、さすがに正月5日となると一般参賀は少なくなり、会社関係の人達がこぞって祈願に来ていましたね。神頼みですかね・・・。

最近のクイズ・雑学ブームで、よく東照宮陽明門の柱の問題が出ますが。。

問題になる柱の写真を撮ってきました。

3o9j9174

手前の柱が標準で、左奥の一本の柱のみ違っている・・。

それはこれ

01

左が奥の柱右が標準の柱。違いは・・・。

模様の向き。左奥の柱、一本だけが逆さまになっているという事です。

その意味は「完成したその時から崩壊が始まる。だから一本だけ逆さまにして

完成していない」というもの。

ふ~~~~ん。なるほど。

なき龍でも、雑学を仕入れてきました。

「なき龍は当初の物ですか」と聞きましたら、昭和36年に漏電のぼやで天井が焼け

43年に再建されたと聞きました(確かそう記憶しましたが、間違っていたらすみません)

で、同じ音響(響き)ですかと聞いたところ、僕も聞いた事が無いので分かりませんと担当の若い方がおっしゃっていました。そりゃそうだ。

で、もひとつ。「昔は自分で手を叩いて聞く事が出来ましたよね?」と質問すると

「世界遺産に登録された後、それをしていると長蛇の列になってしまうので、担当者が

拍子木を叩いているのです。」との答え。これもまたしかり。

他にも定番の写真(眠り猫・三猿)を撮って来ましたが、部分的に剥げたり、修復されていたりと、毎回撮ると違った写真が撮れて、これもまた発見ですね。

3o9j914810

3o9j91831

ちゃんと、歴史的財産を修復保存されているのですね。

費用・技術も大変だと思いますが、後世の為にもご努力下さい。

|

« 明けましておめでとう御座います。 | トップページ | TV東京世界大工王決定戦の建物撮影。 »