« 冬山の怖さ | トップページ | 誕生日プレゼント »

2008年3月12日 (水)

初めて

昼に流れる、流れ星を見ました。

昨日、登山をした時の事です。強風の為待機をし、茶臼岳の岩肌を巻き込むように強風で雪煙が舞い上がるのを見ていた時でした。

太陽の位置より少し右下に光り輝く飛行物体を見つけ「逆光で機体が光っているんだな~」なんて、ぼーと見ていたら急に輝きを増し一瞬にして消えてしまいました。

流れ星は、夜に流れるものなんて勝手に思い込んでいましがちですが、24時間流れているのですよね。

夜は空が暗く、少しの輝きでも見易いからね。当然昼に星も出ているのであって人の目に見えないだけなんですよね。

すると、目に見えるものだけが事実ではない」なんて哲学じみたことも考えてしまいます。

潜在的な感覚・概念で凝り固まると、かっちかちの脳になってしまいますかね。

01

YUKIO MAEDA HP

|

« 冬山の怖さ | トップページ | 誕生日プレゼント »